Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
世界の民族

ドゴン族とは?シリウス神話とは何?仮面ダンス(踊り)は死者の祭り!?

ドゴン族とは?シリウス神話とは何?仮面ダンス(踊り)は死者の祭り!?

ドゴン族とは?シリウス神話とは何?仮面ダンス(踊り)は死者の祭り?!ドゴン族はどんな民族かご存知ですか?シリウス神話とも深く関わりのある不思議な民族なのです!そんなドゴン族について、シリウス神話や仮面ダンスはもちろん、居住地や食事についてご紹介します!

ぬまくん
ぬまくん
くろちゃん、ドゴン族って知ってるわん?シリウス神話と関係がある民族として紹介されているのを見たのだけど、本当なんだわん?
くろちゃん
くろちゃん
あら、ぬまくん。私に知らないことはないにゃん。今回はドゴン族について紹介するにゃん。

ドゴン族とは?

ドゴン族とは?シリウス神話とは何?仮面ダンス(踊り)は死者の祭り!?

参照:https://matome.naver.jp/odai/2147114324389313601

ドゴン族とは

マリ共和国のバンディアガラ山に居住する民族のことを言います。

マリ共和国は、西アフリカに位置する共和国になります。
バンディアガラ山は断崖になっていて、幅は150kmにもなります。
実はバンディアガラの断崖はユネスコの世界遺産に登録されているんですよ。

何故登録されていると思いますか?
自然が綺麗だから!って思いませんか?

私はそう思っていたのですが、実はドゴン族の文化が保持されている地域だからなんです!
もちろん、自然環境が保持されているからでもあります。
登録されているバンディアガラの断崖は、4000㎢あります!

この広さ、どれくらいだと思いますか?
東京ドームの約8555個分、琵琶湖の約半分です。

東京ドームで考えると、なんだかすごく大きく感じませんか?!
こう比べると、琵琶湖って大きいんですね♪
どちらにせよ、バンティアガラの断崖が広いことが分かりますね。

ドゴン族の人口は?

ドゴン族の人口は約25万人いるといわれています。
700ほどの村があり、点在し暮らしています。

25万人は、日本でいうと山形市と同じくらいになります。
たとえてみたものの、イメージしにくいですよね?(笑)
日本の市でいうと、815市ある中で106位なので上位ではあります。
なんとなく、イメージしてもらえたら嬉しいです。(笑)

ドゴン族の住む家は?

ドゴン族は、日干しの煉瓦造りの家に住んでいます。家とは別に、ドゴン族は倉庫を持っています。
倉庫は男女別になっていて、男性用は食料を、女性用は衣服を保管しているといわれています。

おとぎ話に出てくる家を想像してもらえれば分かりやすいかもれませんね♪

家と倉庫が別にあるのって、なんだか素敵だと思いませんか?
私も家と倉庫と両方ほしいです。(笑)

ドゴン族は農耕民族!

ドゴン族とは?シリウス神話とは何?仮面ダンス(踊り)は死者の祭り!?

参照:https://www.truthseeker.jp/dogon-people/

ドゴン族は、主にヒエ、トウモロコシ、米などを食べて生活しています。他にも、タマネギなどの野菜も作っています。

バンディアガラの断崖では、6月から10月にかけて雨季になります。
その雨季に、ヒエ、トウモロコシ、米、タマネギなどを栽培しています。

乾季には人工池を建築しているんです。
穀物を栽培して、貯水池を作ることで、自給自足の生活を送っているんですね。

世界遺産に登録されたこともあり、近隣の町との交流も得るようになっています。
さまざまな食材を手に入れることができるようになったのは、いいことですね。

子どもたちは井戸で水汲みをします。
女性は洗濯をして、食事の準備をします。
男性はわらを運んだり、土を運んだり、いろいろと肉体労働を行っています。

男女で仕事がはっきり分かれている、ということなんですね。
なんとなく、楽しそうな感じがしますね♪

ドゴン族は普通の衣装?!

民族というと、民族衣装!というイメージがありませんか?

私もそう思っていて、どんな民族衣装があるのかな?と調べました。
でも実はドゴン族は民族衣装がないんです。

ビックリしませんか?!

ドゴン族は、Tシャツやズボン、スカートなどの姿をしています。
民族衣装ではなく、普通の格好をしています。
やはり動きやすい格好が一番ですよね♪

ドゴン族といえば、シリウス神話!

ドゴン族とは?シリウス神話とは何?仮面ダンス(踊り)は死者の祭り!?

ドゴン族は、天文学に関する知識を多く持っています。
天文学に関する神話を多く思っており、いろいろな逸話が残されているといわれています。

その中でドゴン族を有名なものにした神話として、シリウスに関するものがあります。

シリウスは、冬の星座のひとつなのはご存知ですか?
冬の夜空に欠かせない、見つけやすい星座といわれており、おおいぬ座の口のあたりに見られます。

そのシリウスの周囲を「ポ・トロ」と呼ばれる星が回っているのですが、その存在を昔からドゴン族は知っていた、とされています。

望遠鏡なしでは見えることのないこの星、実はすべての星の中で最も小さい星なのです。
それにくわえて非常に暗い星であるため、肉眼で見ることは不可能です。

それなのに、望遠鏡を持たず、他の民族とも交流のなかったドゴン族が知っていたのかなぜか。
何故だと思いますか?

いろいろな説がありますが、一番興味深い説は「異星人からの伝授」です。

異星人からの伝授?そんなバカな?と思いませんか?

ドゴン族の神話にはノンモという宇宙人が出てきます。
このノンモは、シリウス星系の宇宙人のことです。
それが古代に地球を訪れて、文明と社会を構築したという言い伝えがあるからです。

言い伝え

遠い昔、偉大なる神アンマは宇宙でノンモを造り、ノンモに似せて人間を作った。
ノンモは人間の祖先と共に方舟に乗って空から大地に降りてきた。
そして正しい知恵を人間に与えてくれた。

そういわれると、そんな気がしてきませんか?
他にもシリウス神話には多くの神話があり、掘り下げていくととても面白いです。

すべてのシリウス神話に共通していることは

・神アンマによる宇宙の創造
・最初の意志を持つ存在ユルグによる反逆
・ユルグと自らを生み出した大地との交わり
・その近親相姦により穢れた大地
・アンマによる4組8人の人間の創造
・天上から8種類の穀物を持って、地上に下りる人間たち
・人間が穀物を育てることで浄化されていく大地

これらがあげられます。
これらはドゴン族の文化や習慣にも大きな影響を与えています。
それぞれを掘り下げて読んで学んでいくことで、より深くドゴン族のことを知ることができますね♪

ドゴン族の祭りは仮面ダンス!

ドゴン族とは?シリウス神話とは何?仮面ダンス(踊り)は死者の祭り!?

参照:http://dogon1.jugem.jp/?eid=52

ドゴン族は、伝統的に祖先を崇拝する文化を守ってきました。
シリウス神話に則って行われることが多くあります。
その中で、一番特徴的なのは仮面ダンスといわれています!

ドゴン族には、異様な仮面を被って踊るドゴンダンスというものがあります。
これは、宇宙人を表現しているのではないかとも言われています。
太鼓の音にあわせ、砂埃が舞うほど激しく迫力があるダンスです。

またドゴン族は、人が死ぬと仮面に魂が宿ると信じています。
そのため、仮面を被って踊るドゴンダンスは、死者の魂を沈めるためのダンスといわれています。

ダンサーは、仮面をつけた瞬間から人ではなくなります。
その瞬間から仮面として存在することになるそうですよ。
なんだか不思議な感覚ですね。

60年に1度行われるというシギの祭りというものがあります。
祖先の霊力を持った蛇の大仮面を奉納するそうです。

これは村ではなく、ドゴン族全体で行うため、壮大なお祭りになります。
ここでは、鳥に扮した竹馬のダンサーも出てきますよ。

今では、観光イベントとしてみることができるそうなので、是非見に行ってみてはいかがでしょうか?
迫力満点のイベントです♪

ぬまくん
ぬまくん
ドゴン族についてよく分かったわん。今回ドゴン族を知ったことで神話についても興味をもったわん。
くろちゃん
くろちゃん
そうね、一つを知ることで、もっともっと知りたくなるにゃん。一緒に知識を増やして以降にゃん♪